幹事の注意点

幹事の注意点記事一覧

飲み物は絶やさないこと

 飲み物は、飲み会では絶対にはずせないものです。みんなで飲んで楽しもうという会が飲み会なので、飲み物は常に切らさないようにしておかなければいけません。ただ、飲み物にもいろいろと種類がありますし、アルコールが飲めない人もいます。そんな人たちのためにも、さまざまな種類の飲み物を注文しておくようにします。 飲み会だと、とりあえずは生ビールでしょう。乾杯の時も、ビールを持っている人が多いと思います。しかし、前に述べたようにすべての人がビールを飲めるわけではないので、まんべんなく頼んでおく必要があります。生ビール以外にどんな飲み物がよいかというと、ソフトドリンクがよいでしょう。幹事はあまり調子に乗って飲...
続きはコチラ

飲み会前後の計画も立てておこう

 幹事は、飲み会を企画するのに、当日よりも飲み会前後のことを綿密に話し合っておかなければいけません。飲み会の日程や時刻、会場は基本的なことですが、会の内容や終わった後のことも頭に入れておくようにします。幹事の責任は、参加者が飲み会を終えて無事家にたどり着くまでなのです。帰っている最中に事故に遭ってしまったりしては、どうしようもありません。お店の周りの状況なども把握しておくことが求められるのです。 飲み会前の計画の中で重要なのは、お店選びと内容でしょう。お店を選ぶ際は、駅に近い、飲み物と料理のメニューが豊富にある、スタッフが気持ちいいお店などといろんな候補が出てきます。何に重点を置くかにもよって...
続きはコチラ

2次会について

 飲み会には、二次会というものがあります。場所を変えて飲みなおそうというものですが、参加は自由で一次会よりは参加人数が少なくなることが多いです。この二次会ですが、幹事の仕事は一次会の時点からすでに始まっているのです。 まず、一次会が行われている最中に、二次会に参加する人数を出さなければいけません。このとき、費用の説明も忘れないようにしましょう。二次会に参加する人数が決定したら、一次会のうちに予約をしておきます。二次会で行く予定にしているお店がいっぱいだと困ってしまうので、早めの予約が大切なのです。これは、一次会が終わってお店の出口などで大人数でたまっていると迷惑になってしまうことも関係していま...
続きはコチラ

お店選びの注意点

 飲み会で一番基本となるお店選び。幹事はどのようなことに注意しながら選ぶとよいのでしょうか?参加者のことも把握したうえで、選ぶようにしなければいけません。 まず、一番大切なのは立地条件です。駅前や繁華街などの、駅までのアクセスがよいものがいいと思います。二次会にカラオケに行くことになっても、カラオケは駅前にあるものが多いので便利です。 次は、予算です。高すぎても安すぎてもいけないので、難しいところです。だいたい飲み会の予算は、平均して3500円前後になっているようです。居酒屋でも、これぐらいの価格で飲み放題を用意しているところも多くあります。お酒が飲めない人のことも考えて、料理を豊富にして、こ...
続きはコチラ

スタッフへの心づけも大切

 飲み会で使わせてもらうお店が決定したら、お店のスタッフの方に心づけをするとより印象がよくなり、飲み会本番も張り切ってくれることでしょう。今回は実際にどのようなものを渡すと喜ばれるか、予算はいくらぐらいがよいか、渡すタイミングなどを考えてみたいと思います。 まず、渡すものについて。お店全員の人に行き渡るようにしたいので、量がたっぷり入っているお菓子などの食べ物が一番よいでしょう。日にちがもつものを選ぶことを忘れないようにしてください。あとは、好き嫌いの分かれるものは避けた方がよいです。たとえば、あんこです。あんこは入っていないクッキーやおせんべいなどの方が、全員に喜んでもらえるように思います。...
続きはコチラ

席順の決め方

 飲み会がいざ始まった時に、席が決まっていなかったらどこに座りますか?男女問わず、友人や知り合いと固まってしまうと思います。しかし、飲み会は歓迎会や忘年会などタイトルに限らず、普段話すことのない人とも楽しんでもらおうというものです。逆に、このような機会でなければ会うことのない人もいることでしょう。ここで知り合うことで、新たな人間関係が出来上がることにもなるのです。友人同士で固まっていたい気持ちもあるとは思いますが、思い切ることも大切です。 そんな気持ちを後押ししてくれるために、席順を決めるのです。差が出ないように、くじ引きが一番平等です。一定時間ごとにくじを引いて、席替えすると飲み会が終わるま...
続きはコチラ

ほっこりあったか、身も心も温まろう

クリスマスにお正月、バレンタイン、12月から2月にかけた冬の寒い時期には、大きなイベントが何かと盛りだくさんですよね。寒い時期ならでは、温かい鍋料理をつつくもよし、コタツに入るもよし、温泉で過ごすのもいいものですね。とにかく暖かく過ごすことで、恋人も、夫婦も、家族も、友達同士でも、ほっこり心まで温まり、仲良し度もアップすること間違いなしです。今回は、お鍋、コタツ、温泉という、冬の寒い季節には欠かせないあったか3セットがそろったお宿を探してみました。探せばあるもの、お部屋にコタツを用意してくれている温泉宿を見つけました。群馬県、山梨県、神奈川の箱根などにあります。また、埼玉県の秩父のとある温泉宿...
続きはコチラ

どんな飲み会にするのか、テーマを決める

どのような飲み会にするかということを心に描いてみましょう。もちろん実際にメモ書きなどにしてみてもいいです。この飲み会はどういう目的で、何を理由にして行われるのかということをしっかりと自分の中で認識してみるのです。ただ飲み会として考えるのではなくて、どういうことが必要なのかということを考えてみましょう。そうすることにより飲み会の主旨というものがはっきりしてきます。飲み会の主旨がはっきりしていると、まとまりのある良い飲み会が出来るものなのです。ただ最低限のことをしていればいいという考え方の幹事の場合でしたら、どうしてもそこまでの飲み会にしかなりません。それでは来てくれる人を楽しませることが出来ない...
続きはコチラ

幹事同士の顔合わせの重要性

飲み会によっては、幹事が一人でも十分というようなこともあります。でも飲み会の人数や種類によっては、幹事が一人では困るということもあるのです。数人の幹事を用意しておくということが必要になります。例えば会社で言うなら部署ごとに幹事を用意するというようなこともあるかもしれません。その辺りを決める必要が出て来ます。飲み会をスムーズに行うためには、幹事の顔合わせということをしておくことは大切なことです。その時に色々と意見を交換し合うということをすると良いでしょう。逆に一度も顔合わせをすることなく、飲み会をしてしまうと当日になって考え方や意見が分かれてしまって困るというようなこともあるかもしれません。その...
続きはコチラ

必要なスタッフを決めておく

飲み会の幹事になったからと言って、ほとんどすべてを自分でしてしまうというようなことを思うと、結構辛いものがあります。例えば人数が多いような飲み会でしたら、幹事としてやることが、たくさんあるということは大変なことです。そういう時にはスタッフや係を決めておくことが望ましいでしょう。そういった人たちを決めておけば、自分のすることが減るのでその分まとめ役として動きやすいことになります。何かトラブルや問題が起きた時でも対応や対処が出来るようになるでしょう。例えば、受付を決めておけば、その間に会場内のことを見渡して、何か問題が無いかチェックすることも出来ます。受付というものを自分がしてしまうと、会場内がま...
続きはコチラ

メニューやお酒などが行きわたっているか

それぞれのテーブルにおいて、メニューはちゃんと揃っているかということを席に付く前に確認する必要があります。飲み放題コースにしている場合や、お酒が飲めない人などに対しての配慮もしなければいけません。全然違うものを勝手にオーダーしているような人がいるかもしれませんので、それもチェックする必要があります。そういう時には幹事としてそれを止めなければいけません。場がしらけないように、笑いながらたしなめるというようなことが必要です。その辺りの気配りというのは、結構難しいものです。そこで真剣に怒るというようなことをしてしまうと、その飲み会自体が楽しいものではなくなってしまいます。皆は楽しい気持ちでいたいと思...
続きはコチラ

サプライズ誕生日会は居酒屋さんで

誕生日会を居酒屋さんでやるって言うと、なんかイメージが悪くないですか?確かに一昔前なら、新橋や有楽町のガード下で仕事帰りのサラリーマンのおじさんたちがビールや焼酎を飲んで、タバコの煙臭い雰囲気の中で会社の愚痴を話しているなんていうイメージがありましたよね。そんな中で誕生日会なんて、ちょっとあり得ないことだったかもしれません。また、誕生日をしてあげる方も、そういった居酒屋さんではしようとは思わなかったかもしれません。しかし、今では居酒屋さんと一言で言っても、そういう皆さんがイメージするようなおじさんたちの大衆酒場といった居酒屋さんだけでなく、ダイニングバーやホテルの一室のような居酒屋もあれば、全...
続きはコチラ

前回の飲み会の情報を集める

実際に会社の行事になっているような飲み会を行う場合の幹事になったのなら、必ず前の回の情報を収集しておくことが重要です。その時にどのような雰囲気だったのか、何か問題などは起きなかったかというようなことを知っておくことが必要なのです。その年によって、その会によって違うことが起こるということはもちろんありますが、前会までに起きたことがまた起きる、起きやすいということもあり得ることです。そしてそれをどのように対処したかということも重要なことです。例えばこの人は要注意な人物というような人がいるかもしれません。部署が違うから分からないということもあれば、お酒が入ると変わる人もいます。そのような人の場合でし...
続きはコチラ

体調が悪い人などの介抱をする

飲み会で、いつも飲み過ぎる人もいますし、その日だけ体調を崩してしまう人もいるかもしれません。そういう時に幹事がそれに気が付いて、対処してあげる必要があります。そういった係までは決めることが出来ないものだと思います。そのためどうしても幹事が動かなければいけないことになるのです。飲み過ぎて気分が悪くなっている人のために、冷たい水を注文したりあまりひどい場合にはタクシーをひろって、乗せてあげるところまですることも必要になります。本来はそこまでになるまでに止めることが出来るのが理想的ですが、人によっては今までは普通にしていたのに、突然気分が悪くなるという人もいますから、こればかりは仕方が無いのかもしれ...
続きはコチラ

追加でお金が必要になった時に集める

追加で注文をしたりして、会費をオーバーしてしまったからといって、それを幹事が払うというようなことをする必要はありません。皆に徴収する必要があります。でもそれをすることによって、ちゃんと幹事として管理が出来ていないというように思われることもあります。でも実際に止めても、理由を説明しても聞いてくれずに注文をしてしまうような人もいるわけですから、そのことをやんわりと伝えた上で、会費の追加徴収を後日行うようにしましょう。お店を出てすぐに徴収するということは難しいですし、参加者の気分を悪くさせるというようなこともあるかもしれません。でも小額であり、すぐに計算が出来るというような状態であれば、勢いでその時...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る