体調が悪い人などの介抱をする

体調が悪い人などの介抱をする

飲み会で、いつも飲み過ぎる人もいますし、その日だけ体調を崩してしまう人もいるかもしれません。そういう時に幹事がそれに気が付いて、対処してあげる必要があります。そういった係までは決めることが出来ないものだと思います。

 

 

 

そのためどうしても幹事が動かなければいけないことになるのです。飲み過ぎて気分が悪くなっている人のために、冷たい水を注文したりあまりひどい場合にはタクシーをひろって、乗せてあげるところまですることも必要になります。

 

 

 

本来はそこまでになるまでに止めることが出来るのが理想的ですが、人によっては今までは普通にしていたのに、突然気分が悪くなるという人もいますから、こればかりは仕方が無いのかもしれません。
そしてそういった人に対して、帰り道が近いというような人がいて、その人に任せても安心というような場合でしたら、介抱を任せるということをしても良いかもしれません。でも女性が酔って気分が悪い時に男性にそれを依頼するのは、少し注意が必要です。
女性に介抱をしてもらう方が安全で、トラブルが起きないので、そうするようにしましょう。そして少し落ち着けば飲み会の席にまだいられる、出来ればいたいというように思っている人に対しては、その人の希望に出来るだけ応えてあげましょう。

 

http://www.chokochoko.jp/

 

ただ人数が多いというような時などは、家に帰すようにした方が、結果としては良かったというようなこともあります。なだめて家に帰すことも幹事の役目です。基本は問題なく皆が平穏無事に、そして楽しく過ごせる飲み会ということですから、介抱も幹事の役目になるのです。


このページの先頭へ戻る