プライバシーなどへの配慮

プライバシーなどへの配慮

最近は飲み会の幹事をするにしてもネットや、アプリなどを使って情報共有することが多いと思います。しかしやり方によっては自分が飲み会にでるかどうかは、他の人にもまる分かりなるから嫌だと思われる場合もあります。

 

不特定多数参加するかどうかの情報が漏れることがないように気を付けてこういったアプリなどを使いましょう。日程などを決めるのにこういったアプリは大変便利ですが、アプリの種類や使い方によってはトラブルの原因となります。

 

準備を万全に整えて飲み会当日となれば、幹事の仕事は半分以上したと言えるでしょう。当日に幹事がやらなければいけないことは、参加費などをいかにはやく集めるかです。酔いつぶれる人や、そこまでいかなくても酔っぱらってくると参加費の集金は大変になっていきます。誰がお金を支払ったかチェック項目を書いた紙を事前に用意しておくといいでしょう。

 

他の注意事項なども同じようにチェックする項目などがあれば、円滑に物事が進むはずです。自分の頭のなかだけでこういったことをしようとすると、思わぬ失敗をしてしまうことがあります。

 

幹事の挨拶については何かネタのようなものを、挨拶のなかに入れようとするのなら突っ込んでくれる人を頼むのもいいでしょう。しかし、こういった挨拶はどんなに頑張ってもすべる時はすべるので、ミスはミスとして受け止めて堂々としていてください。

 

変にへこむと場の空気が盛り下がります。こういった事も幹事の経験者などに相談するといいでしょう。一人でなんでも決めるというのではうまくいくことも、うまくいかなくなります。
 


このページの先頭へ戻る