追加でお金が必要になった時に集める

追加でお金が必要になった時に集める

追加で注文をしたりして、会費をオーバーしてしまったからといって、それを幹事が払うというようなことをする必要はありません。皆に徴収する必要があります。でもそれをすることによって、ちゃんと幹事として管理が出来ていないというように思われることもあります。

 

銀座で優雅に和食ランチを楽しむなら銀座吉宗

 

でも実際に止めても、理由を説明しても聞いてくれずに注文をしてしまうような人もいるわけですから、そのことをやんわりと伝えた上で、会費の追加徴収を後日行うようにしましょう。
お店を出てすぐに徴収するということは難しいですし、参加者の気分を悪くさせるというようなこともあるかもしれません。でも小額であり、すぐに計算が出来るというような状態であれば、勢いでその時に徴収してしまうというのも方法の一つです。

 

 

 

状態を見て判断をすることが重要です。その判断力というのも幹事にとって必要なものになるのです。実際に皆が家に帰り着くまで、幹事としての仕事は終わっていないということになります。
そして追加徴収がある場合は、それが終わってやっと幹事の仕事が終わるということになりますので、最初の参加リスト作成や情報集めから始めることを考えると、やることがとても多いです。
そして配慮も必要ですから、人によっては向き不向きもあると思います。参加者によっては、幹事にお疲れ様と声を掛けてくれる人もいますが、人によっては文句や嫌味を言う人もいます。そういった人のことは気にせずに、自分は出来る限りのことをしたと自信を持ち、堂々としていることが大切です。

 

 


このページの先頭へ戻る