締めの挨拶も肝心

締めの挨拶も肝心

 幹事の仕事は、事前の下準備から会が終わるまでになります。最初は挨拶や乾杯で飲み会がスタートするわけですが、終わりというのはなかなか区切りをつけにくい時でもあります。参加人数が多ければ多いほどまとまりにくいですし、声が全員に届かないという場合も出てきます。次に二次会を用意しているという時は、余計に適当なタイミングで締めくくらないと、時間の無駄にもなってしまいます。そこで、締めの挨拶はどのようにすればいいのか考えてみましょう。

 

天草 横浜駅前店はおすすめですよ!https://r.gnavi.co.jp/3aufxdd30000/

 

 まず、お開きの時間の10分ぐらい前になると、挨拶をお願いしている場合はその人に、そろそろ締めの挨拶をお願いしますと伝えておきます。自分がする場合は、会場の人に聞こえるように大きめの声で、締めの挨拶を述べます。この締めの挨拶は、長すぎるのはよくありません。

 

 

 

 みんなお酒を飲んで賑やかに楽しんでいる時なので、長々と挨拶を述べてみてもきちんと聞いてくれる人の方が少ないということになってしまいます。そこで、内容でいうと、みなさんのおかげで楽しい会にすることができました、今後もよろしくお願いします、帰り道には気を付けてくださいというふうに、無難なもので十分です。だらだらと話し続けても、余計にお開きの時間が伸びるだけで、時間の無駄になってしまいます。

 

いっぱいあって迷いますが赤坂 居酒屋はおすすめです。

 

 締めの挨拶は、みんなが盛り上がっている最中でもあるので、タイミングが難しいです。それぞれの会話を楽しんでいる人たちもいるので、みんなの気を一度こちらに向けなければいけません。簡潔でありながら、みんなに届く挨拶にしましょう。

 

こちらの渋谷 居酒屋は友達にも好評です。

 

 

 


このページの先頭へ戻る