文章は起承転結を意識して

文章は起承転結を意識して

 幹事は飲み会をしきりまとめる役なので、述べる文章も起承転結がまとまったものでなければいけません。ただ、会の説明や流れを述べるだけでなく、最近の会社事情や話題のニュース、社員のプライベートに関する情報など、たくさんあると思います。それらを分かりやすく簡潔にまとめなければ、聞いている人たちの心にも届いていきません。具体的に起承転結にする方法を伝授します。

 

いっぱいあって迷いますが新宿 個室はおすすめです。

 

 まずは、起因です。物事が起こるきっかけという意味ですが、ここでは浅く広い情報を発信していくのがポイントです。幹事の述べる内容としては、会社の最近の様子や季節のこと、最新のニュースなどがあるかと思います。次に、承認です。

 

 

 

 自分のことを話す場でもありますが、幹事であれば自分の最近のブームや気になること、社内での気がついたことなどを加えると、周りの人たちはなるほどという思いで聞いてくれることでしょう。商人の次は、転回です。ちょっと話を違う方向から見てみるようにします。今流行っているものが社内でも役に立つのではないかなどと、前に述べた内容を違った視点から見てみます。最後は、結論です。今までの内容をふまえたうえで、生かせることや改善すべきことなどをまとめてみましょう。

 

結粋-YUI- 岐阜店

 

 堅苦しく書きましたが、リラックスして楽しむ飲み会なので、みんなに聞いてもらえるような面白い話なんかもおすすめです。ちょっと仕事から離れた話題を出してみたりすると、多くの人の共感を得ることもできるでしょう。だらだらと話すのではなく、伝えたいことをしっかり伝えている文章作りを心がけましょう。

 

 

 

 

 


このページの先頭へ戻る