参加者への最終の連絡をする

参加者への最終の連絡をする

例えば飲み会の連絡を1カ月前くらいに最初にしていたというようなこともあるでしょう。そういう時でしたら、参加者が日付けを忘れてしまっていたという事もあり得ます。日々忙しく仕事をしていたため、つい忘れてしまうということもあるでしょう。
係を頼んだ人においてもそれは言えることです。実際に来て欲しい人に限って忘れていたというようなことはよくあることです。そうならないためには、2日前くらいに最終連絡をすることが必要です。
参加者リストを見て、連絡が出来る人には連絡をしておくようにしましょう。最終確認ですが・・というようにしてメールや電話をしておくのです。それが迷惑になりそうだと思う幹事もいるかもしれませんが、それも幹事の大切な仕事の一つです。

 

https://r.gnavi.co.jp/a058455/

 

例えば店の名前や場所、そしてアクセス方法などについても、参加者一人一人が問題なく、来れるか、そして理解しているのかということを確認することが必要です。連絡をもらった方としては、もしちゃんと覚えていて理解していたとしても、最終連絡をしてくれる家事のことを頼もしく思うでしょう。
さすが幹事だなと思うかもしれません。そしてこの幹事がいる飲み会なら良いものになりそうだなというように思われることでしょう。そう思われることにより、実際に皆が前向きに飲み会を楽しんでくれるようになるはずです。

 

駅から近くて宴会におすすめの蔵之助‐kuranosuke‐ 豊橋店

 

そのためにも最終確認は怠らないようにしましょう。でもその際に電話であまり長く話し過ぎたりしないようにすることが必要です。相手にとって迷惑にならない程度に、でも用件だけでクール二なり過ぎないように、配慮をして連絡を取りましょう。

 

 


このページの先頭へ戻る